FC2ブログ

遺言は残される方への愛情のかたち

遺言書は特殊な人たちだけに必要なものではありません。
遺産分割にかかる協議や手続きは相続人にとっての負担となり、トラブルとなります。
残される家族への愛情を正式な形「公正証書遺言」へ残しておきませんか?

【遺言は、このような方に特に必要です】
●お子様のいない方 ●奥様が安心して暮らせるように充分な財産を残したい方 ●亡くなった息子さんのお嫁さんのお世話になっている方 ●個人事業や農業を経営されている方 ●内縁の妻(または夫)がいる方 ●再婚をし、先妻との間にお子様がいる方 ●2人以上のお子様の相続に差をつけたい方 ●相続する人のいない方 ●相続人ごとに継承させる財産を指定したい場合 ●特にお世話になった方に遺贈したい場合

3つのサポートコース

最初の面談で、お客様の状況とご希望をお伺いし、「お客様が負担される実費」をお見積もりして金額を提示させていただきます。

8月の無料相談会

無料相談会



家族のこと、将来のこと、手続きのこと等、おひとりで悩んでいませんか?

行政書士があなたのお悩みの問題解決をお手伝いいたします。

予約不要です。お気軽にご参加ください。


[日時] 2018年8月18日(土)11:00~17:00

[場所] サンリブシティ小倉2F書店(アカデミア)横





とみやま事務所へお問合せ
行政書士とみやま事務所
〒803-0278 福岡県北九州市小倉南区徳吉西3-4-26
Tel/090-2483-4624

行政書士 富山致

tomiyamaitaru

じっくりお話を聞いて遺言を作成いたします。北九州近郊で、お会いできる方限定で相談を受け付けています。

Categories

Links

Copyright © 行政書士とみやま事務所